ディーラー車検に出す前に交換出来るものはしておく

ディーラー車検に出した際、その費用の高さに驚いた事はありませんか?その原因の一つに交換したパーツが全体的に割高であるという事が挙げられます。バッテリーやタイヤを始め、一般の量販店ならかなり安く購入出来る筈のパーツまでディーラー車検にて交換されてしまい、結果的に高い料金を請求されてしまうというものです。これを防ぐ為には普段からの点検が重要。車検前の段階で劣化が進み交換が必要と感じたパーツは、全て安価な量販店で交換を済ませてしまいましょう。

当日車検・引取も可能な量販店やガソリンスタンドを

殆ど予約無しで受けられるディーラー車検はサービス自体は優れているものの、上記の理由も含めどうしても料金は高くなりがち。それならポイント加算サービスもあり短時間で便利なタイヤ量販店やガソリンスタンドの車検を受けてみるという手もありでしょう。比較的直前の段階での予約も可能な上、車検に出した当日のうちに完了し引取も出来るこれらのサービスは、すぐにでもマイカーが必要な人にとっては大変有難い存在となるでしょう。

予め交換の可否を伝えておく方法も

まだまだ引っ張れそうなパーツを車検にて勝手に交換されてしまうと、何とも勿体無く損な気持ちになるものですよね。特に車のセーフティに直接影響が無いパーツであれば尚更でしょう。それなら車検前にそれを行うスタッフに、特定のパーツに関する交換の可否を伝えておくのが良いでしょう。そうでなくとも大抵の場合、見積もりを出してもらい判明するケースが多いのですが、スタッフの交換に誘う誘惑に負けない事も大切。交換を迫られたら、なぜそれが喫緊でなければならないのかを、しっかりと説明してもらう様にしましょう。

自動車を所持している人は、車検を1年~3年おきに受ける事が法律で決められています。自動車の安全性を確保する為にも、必ず受けるようにしましょう。