電気を使って音を出すエレキギター

ギターには様々な種類があります。代表的なものとしては、エレキギター、アコースティックギター、クラシックギターが挙げられます。では、これらのギターにはそれぞれどのような特徴があるのでしょうか。まず、エレキギターですが、電気の力を使って音を出すというのが大きな特徴です。エレキギターに差し込んだコードを、アンプというスピーカーのような機械につなぎ、弦を弾くと、ピックアップと呼ばれる部分が音を拾ってアンプに伝えます。

アコースティックギターはアンプ不要

CDなどで音楽を聴くと、ゆがんでいるギター音がよく収録されていますが、これはすべてエレキギターによるものです。エレキギターの音は本来、ほかのギターと同様に澄んでいますが、電気信号の伝え方で音を換えることによって、ゆがんだ音を出すことができるのです。また、アコースティックギターは、ボディ部分に穴が開いており、そこで音を増幅させるのでアンプが不要なのですが、中にはエレキギターと同様にアンプにつないで音を鳴らすタイプがあります。これは俗称としてエレアコと呼ばれます。

クラシックギターは弦の素材が特徴的

クラシックギターは、見た目はほとんどアコースティックギターと同じです。ただ、弦の素材が違います。アコースティックギターの場合、ブロンズ弦と呼ばれる、銅をベースにした金属製の弦を使いますが、クラシックギターはナイロン製のナイロン弦など、金属以外のものを使います。上記のように、三種類のギターは音、そして向いているジャンルがまったく違うので、楽器店でギターを買って演奏したいという場合、どのような音楽を演奏したいかによって決めるといいでしょう。

サックスの中でも最も低音を出すバリトンは非常に大きなもので、一般的な楽器ショップでは手に入らないことも多いです。