車検と定期点検を混同していませんか

車検は、その車両が国が定める保安基準を満たしているか調べ、合格していれば自動車検査証の有効期限を延長することができます。主な項目はブレーキ点検、下廻りのブーツ類の破損点検、その他 自動車の下廻り点検、タイヤの点検、ヘッドライト光軸、サイドスリップ検査、排出ガス検査、警告灯やハザードの点灯、各ライト点検などです。現在ののクォリティの高い車両であれば何もしなくとも合格する可能性はあります。だからユーザー車検が可能なのです。

ユーザー車検はほんとに一人でできるのか

ユーザー車検は一人でチェックできる項目もありますが、検査器具(テスター類)を必要とする物もあり、その全てを一人でこなすことは困難だと思います。ユーザー車検をすすめる書籍やサイトも多くあるので一度目を通してみてはいかがでしょうか。それでもユーザー車検をやってみたいという方には、予備検査場というものもあります。これは、車検と同じ内容の検査を、事前に行っておける民間の検査場です。不安な方は、予備検査場で予め検査を行うことをおすすめします。

定期点検を忘れずにしましょう

ユーザー車検で自動車検査証の交付を受けたからと行って、今後2年間安心して乗り続けられるわけではありません。あくまで車検は保安上最低限の基準をクリアしているだけであって、故障しないという保証ではありません。故障を未然に防ぐためには、車検ではなく定期点検による整備が必要です。車検はユーザーでもできますが、定期点検は残念ながら整備工場など専門知識を有するものでなければできません。ユーザー車検を受ける場合は、故障のリスクは自分で追うことを覚悟しておきましょう。

車検を軽自動車でする場合は、一般家庭用の場合は3年ごとの検査が義務付けられており、合格すると検査標章が交付されます。